スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

銃刀法

デスノートの作者である小畑健氏が銃刀法(砲刀剣類所持等取締法 )違反で逮捕されたとのこと。彼が銃刀法を違反したことは間違いなく、運悪く見つかってしまってお気の毒様と言う他無い。

以下の文章は、法律をろくに知らない理系の大学生がインターネットで法律を調べて考えたことである。私に誤った認識があるならば指摘して欲しい。ただ、「炎上」は止めてほしいな。


ところで私も100円ショップで十徳ナイフを購入し、以来持ち歩いている。
滅多に使うことは無いが、包装を開く時にナイフが必要な時もあるし、缶切りを使うこともある。使う機会は少なくても持っていれば便利なのである。ところが「便利そうだから」という理由は「正当な理由」にはならないらしい。
だが、調べてみると、銃刀法では、折りたたみの場合8cm以下の場合携帯を許される。

○砲刀剣類所持等取締法
(刃体の長さが六センチメートルをこえる刃物の携帯の禁止)
第二十二条  何人も、業務その他正当な理由による場合を除いては、内閣府令で定めるところにより計つた刃体の長さが六センチメートルをこえる刃物を携帯してはならない。ただし、内閣府令で定めるところにより計つた刃体の長さが八センチメートル以下のはさみ若しくは折りたたみ式のナイフ又はこれらの刃物以外の刃物で、政令で定める種類又は形状のものについては、この限りでない。

○銃砲刀剣類所持等取締法施行令
(刃体の長さが六センチメートルをこえる刃物で携帯が禁止されないもの)
第九条  法第二十二条 ただし書の政令で定める種類又は形状の刃物は、次の各号に掲げるものとする。
一  刃体の先端部が著しく鋭く、かつ、刃が鋭利なはさみ以外のはさみ
二  折りたたみ式のナイフであつて、刃体の幅が一・五センチメートルを、刃体の厚みが〇・二五センチメートルをそれぞれこえず、かつ、開刃した刃体をさやに固定させる装置を有しないもの
三  法第二十二条 の内閣府令で定めるところにより計つた刃体の長さが八センチメートル以下のくだものナイフであつて、刃体の厚みが〇・一五センチメートルをこえず、かつ、刃体の先端部が丸みを帯びているもの
四  法第二十二条 の内閣府令で定めるところにより計つた刃体の長さが七センチメートル以下の切出しであつて、刃体の幅が二センチメートルを、刃体の厚みが〇・二センチメートルをそれぞれこえないもの


しかし銃刀法に違反しなくても、今度は軽犯罪法に引っかかってくる。まるで銃刀法で逃したナイフを全て追い掛けるかのようだ。

○軽犯罪法
第一条 左の各号の一に該当する者は、これを拘留又は科料に処する。
二 正当な理由がなくて刃物、鉄棒その他人の生命を害し、又は人の身体に重大な害を加えるのに使用されるような器具を隠して携帯していた者



例えば、
アーミナイフ 所持(十徳)、軽犯罪法違反で捕まりました: butcher blogにおいて著者は、刃体6.8cmの折りたたみナイフを携帯していたことで軽犯罪法違反で逮捕されている。(銃刀法違反ではない)
ところが、著者が軽犯罪法で処罰されるためには、そのナイフを隠して携帯していたということになる。著者は任意の所持品検査にも応じているので、隠して携帯していたという条文に合わない。

仮に著者が十徳ナイフをバッグに入れただけで「隠して携帯していた」という条件が成り立つとしよう。その場合、晴れた日に折り畳み傘を持ち歩いた物も逮捕せねば整合性はつかなくなる。なにしろ、傘によって相手を失明させる事件が起こったばかりなのだから、これほどの凶器を他人に見えぬように持ち歩いて良い筈がない。

参照:傘で百貨店販売員の目を突いた容疑、女を逮捕 警視庁

そんな馬鹿な、大袈裟な話だ、と思う方が大半だろう。私も馬鹿らしく思う。
しかし、いち理系学生が、法律を日本語として読んだ結果、そんな極端な例も否定できなくなってしまうのだ。
もし折り畳み傘をバッグに入れても逮捕されないのならば、著者はナイフを隠してもいないのに、警察官の誤った法知識に基づく無実の罪で逮捕されたことになる。

他に軽犯罪法で逮捕された方の文章:
Y@copoの月刊「マウス・トゥ・マウス」
三連打(うつ病・無職・ヒキコモリ)だった。 : ドキドキの初体験

その解決方法は2つ。
1つは銃刀法ならびに軽犯罪法を「他人を傷つけることを予防する」という本来の設立趣旨(そんなもの知らないが、上2法の目的なんてそんなものだろう。やくざの別件逮捕もありそうだが。)を守りつつ、一般人の自由・利便を守れるよう法改正を目指すこと。
もう1つは私達1人1人が法律を頭に入れ、不当逮捕されないよう努力することだろう。


追記:このニュースが気になって他の方のブログを読ませてもらったのだが、ニュースを長々と書き、たった一言、「工エエェェ(´д`)ェェエエ工 」だの「映画が上映されないのではないかと心配」と書かれてあるブログが大半でがっかりした。ブログでニュースを取り上げる場合、それについて自分が何を思ったかを書くのが大切なんじゃないのかなぁ……。ブログに決まりなんて無い、って言われたらそれまでだけど。
スポンサーサイト

テーマ : 気になるニュース
ジャンル : ニュース

スタイル確認


引用



強調1


強調2


強調10


代替


3番目のタイトル



強調
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

プロフィール

砧音月

著者・管理人:砧音月
東北の病院に就業中
2008年卒業

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。