スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

原爆忌

今年は広島と長崎に原子爆弾が投下されてから70周年を迎える。

原爆の投下について、日本人の間では、投下しなくても日本は降伏していただろうから、不必要に一般人を殺傷した、という意見が根強い。一方で投下した側のアメリカでは、投下によって日本の降伏が早まった必要悪だった、とする意見が圧倒的に多い。中国や韓国といった国では、日本が悪いことをしたのだから、原爆はその報いなのだ、とする意見が多いようだ。

原爆投下に意義はあったのか?そもそも、事実の積み重ねに過ぎない歴史に対して意義を見いだすのは後世の人間なのだから、意義の有無を議論しても仕方ないのかもしれない。それでも「もしヒロシマ・ナガサキの原爆投下に意義があるならば」という仮定を元に、4つの意義を述べたい。

第1にアメリカ人の命を救ったことである。
アメリカが日本の原爆投下について何ら良心の呵責を感じていないことにも、私は納得できないが理解は出来る。彼らにしてみれば、ヒロシマ・ナガサキの30万人の民間人の命よりも、アメリカ人1人の命の方が余程大切なのである。それが戦争というものでもあるし、黄色人種に対する差別意識もあるのかもしれない。彼らにしてみれば、殺虫剤で無辜のゴキブリを何匹殺そうが、自分たちが安楽に過ごせる方が良いのである。そのことに関して、私は共感は全くしないものの、諦めに近い理解を得ている。

第2に、日本の終戦を早めたと考えられることである。
昭和天皇の言動で、天皇が日本降伏を決めたのが長崎の原爆投下ではなくソ連軍による満州侵攻が直接のきっかけであった、というのも事実である。
(「ご聖断」ソ連参戦で決意 報告の18分後「終戦」側近に指示 公表の「実録」時系列から判明--産経新聞--)
一方で、玉音放送で
「加之敵ハ新ニ殘虐ナル爆彈ヲ使用シテ頻ニ無辜ヲ殺傷シ慘害ノ及フ所眞ニ測ルヘカラサルニ至ル」
(それどころか、敵は新たに残虐な爆弾(原爆)を使用して、しきりに無実の人々までをも殺傷しており、惨澹たる被害がどこまで及ぶのか全く予測できないまでに至った。…個人による現代語訳)
と述べていることから、原爆をアメリカが発明し、日本に投下したことが、非常に大きな影響を与えたことは想像に難くない。3月の東京大空襲でアメリカ空軍は300機のB29を動員した。それと同規模の爆撃を、たった1機のB29による原爆投下で可能にしたのである。日本の防空を考えれば、更なる原爆投下を防ぐことは不可能だった。

第3に戦後の日本を資本主義国陣営に入れたことである。
先に述べたように、昭和天皇が終戦を決意した直接のきっかけはソ連軍による満州侵攻であったことが2014年に明かされた。しかしそのことが公開される前は、原爆投下の影響が非常に大きかったとされていた。戦後の日本は(北方領土と樺太を除き)アメリカが中心になって統治することになった。結果論であるが、日本が分断国家にも社会主義国家にもならなかったことは幸運だった。ソ連で粛清された人数や、東側諸国で政治犯として処刑された人数、中国の文化大革命で餓死した人数を考えれば、もし日本が社会主義国家になっていたら原爆投下よりも多くの人が政治的に殺されていた可能性が高い。

第4に多くの世界人類を救ったことである。
もし広島と長崎に原爆が投下されていなかったらどうなっていたか。史実では朝鮮戦争の際にマッカーサーが、満州への原爆投下を提案し、トルーマン大統領によって却下されている。却下された理由は分からない。しかし、原爆投下による惨状をアメリカ人が目の当たりにしたこと、原爆による惨状が世界に宣伝され反核兵器の国際世論が沸いていたことが理由ではないかと考えている。
もし日本に原爆が投下されていなかったとしたら、アメリカが威力も確認していない未使用の兵器利用を躊躇う理由は無くなる。量産され、更に威力も増した核兵器が世界各地に投下され、広島・長崎以上の犠牲者を生んでいたことも十分に考えられる。従って、広島・長崎の原爆投下は、世界人類の命を救ったことになる。見方を変えれば、広島・長崎の尊い犠牲を無駄にしないためにも、私達は核兵器が人の上で三度使用されないように知恵を絞らねばならない。

このようなことを書くと「原爆投下を肯定するのか」と批判されるかもしれない。また、「if」の存在しない歴史に対して、仮定で物事を語るのは相応しくないかもしれない。
しかし、原爆投下は無意味であった、と言うのは原爆の犠牲者は犬死にであったと言うのに等しい、私は考えている。逆に、原爆の犠牲者は決して無駄ではなかったと私は信じたい。そのためには、実に悲しく腹立たしいことであるが、原爆投下にも意義があったと考える、または意義を見いだし、その意義が失われないようにせねばならない。
スポンサーサイト
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

プロフィール

砧音月

著者・管理人:砧音月
東北の病院に就業中
2008年卒業

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。