スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

皮膚科

5日ほど前から、腕、腋、大腿、陰茎、陰嚢、乳首、頸、目の周りが痒くなりました。また目が痒くなり、ポロポロと涙がこぼれるようになりました。後者はまさしく花粉症の症状なのですが、ほとんど家に引き籠っているので抗原がよく分かりません。
そこで皮膚科に行きました。
特に説明はなかったけれど、皮膚に関しては乾燥によるものとして、保湿剤などを貰いました。目に関しては花粉症の薬が入っているようです。
「この塗り薬は、ステロイドではなくタクロリムスという薬が入っているから安心して塗ってね」
と言われ、
やはり世間一般ではステロイドは怖がられているんだなぁ、とか
授業で習ったタクロリムス(免疫抑制剤で臓器移植で使う薬剤として習った)が、処方されたことにちょっと感動を覚えました。

結局、塗り薬だの飲み薬、目薬と沢山貰ったのですが、目薬を差したところ、目が妙にほてって辛いです。 結局原因は乾燥などなのでしょうが、「痒み」というのは大変辛いものですね。大人の私ですらたまに我慢できなくなって掻き毟ってしまうのに、アレルギーの子供に「痒くても掻くな!」と言うのは、気の毒です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

プロフィール

砧音月

著者・管理人:砧音月
東北の病院に就業中
2008年卒業

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。