スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

二高消失

大分遅れた話題ですが、私の母校だった仙台二高の入学式が月曜日に行われたそうです。二高は今迄男子校だったのですが、今年度から共学化され、70名の女学生が入学したそうです。

私が高校時代、二高は男子校というだけあって、更衣室など無く、パンツ一丁で生徒が廊下を濶歩していました。また中庭に正座させられ同級生からアレやコレや尋ねられたり、応援歌零番に大笑いしたのも、本当に懐かしい思い出です。

組織は時代や中の人によって常に移ろうものです。共学化以前からも應援團幹部が1人もいなくなってしまったり、定期戦が1日だけになってしまったり、時代の変化を感じる話を耳にしてきました。
また女子校と異なり(福島女子→橘、安積女子→安積黎明など)、男子校が共学化になっても名前自体は変わりません。だから学校はそのまま続いているような錯覚に陥ります。
でも、私にとって、二高は消えてしまい、記憶の中を永遠に漂流する存在になってしまったのです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

本当に残念ですよね。
名前自体は残ってるからまだ良いほうなんですが、あの男祭り的なノリがなくなってしまうのは寂しいものです。。。

Re:男祭

>あの男祭り的なノリ
なるほど。男祭ですか。うまいたとえですね。

「二高の伝統はそのままに」
なんて言うけれど、男子校でなければ成り立たなかった部分も当然あります。時代の流れや生徒の要望によって変わって行く部分もあるでしょうが、外からの力によって強引に変えられてしまうことに悲しみを感じます。

へー! 男子校ライフは日本人独特の青春だと思ってるよ。

Re:男子校ライフ

「外からの力」というのは、県教委とか県教委とか県教委とか。

外国の別学校はどうなんだろう。
なんとなく、イギリスのお坊ちゃん学校、みたいなのしか想像できない。あの汚らしい(笑)男子校ってのは日本独特なのかもね。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

プロフィール

砧音月

著者・管理人:砧音月
東北の病院に就業中
2008年卒業

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。