スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大二

以前に、ほんの僅かな人に伝えたけれど、ようやく大型二種免許を取得致しました。
大型二種免許というのは、簡単に言ってしまえば「バスの運転免許」です。

そもそも、私が大学時代に所属していた鉄道研究会には車好きの先輩が多く、るーちぇ先輩は大型一種免許(トラックの運転免許)、こまち先輩は普通二種AT限定(タクシーの運転免許)を在学中に取得しています。(なお、2人とも現在、運転免許とは全然関係ない職業に就いていらっしゃいます)そんなことから私も普通車以外の運転免許に漠然と憧れていました。

月10回の当日直というハードスケジュールで疲れ果て、10月に比較的時間に余裕のある精神科での研修が始まったとき、折角時間があるのならば新しいことに挑戦しようと思いました。そんなとき、通りの自動車学校の看板に
「普通免許から大型二種の免許を取得できます。」
と書かれていて、これだ、と思いました。運の良いことに、その自動車学校は1ヶ月半の精神科研修を行った精神病院から300mという非常に近所に位置していたのです。
本当に大型二種にするのか、(大型一種や普通二種にしないのか)多少迷いましたが、何よりバスを運転してみたいこと、大型二種は大型一種と普通二種を内包している――つまり大型二種の免許を取得すれば、バス、トラック、タクシーの全てを運転可能だが、大型一種ではバス、タクシーを運転できないし、普通二種ではバス、トラックを運転できない――ことから大型二種を取ることにしました。

そんな訳で10月から教習の開始。医者をやっていると、救急救命の学科を受けなくて良いので少し学科の料金が安くなり、医師免許を取っていて良かったと思いました。ただ、何かと
「何で医者やっているのに、免許を取るの?」
「医者で自動二輪の免許を取る人は見たことがあるけれど、大型二種の免許を取るのを見たことはないなぁ」
と散々言われ、答えに窮しました。
ただ、最近はホームヘルパーが普通二種の免許を取得し、介護タクシーを運転することがあるそうです。私も将来、検診車で旅客運輸を行う日が来ないとも限りません。

もともと要領が悪いので みきわめ も何度も不合格を繰り返し、卒業検定も2回落第しました。つくづく自分には運転の才能がないなぁ、と思いつつ、11月半ばに3回目にしてようやく合格しました。
その後免許センターで学科試験と免許の交付があるのですが、免許はいわきから80km離れた郡山でないと交付されず、また誕生日が12月だったこともあり、1ヶ月待ってから郡山に行くことにしました。

新規免許取得者の部屋は20歳前後の若者が多く、自分は少し年寄りの気分でした。

免許証は、今年からICチップが挿入され、やや厚くなっていました。また、大型免許の取得に伴い、中型車の限定が解除されていました。(5年ほど前の道路交通法改訂で、普通車の定義が変わったため)服が去年と全然替わっていないのは偶然です。


before

after


先日免許取得のことを後輩の研修医に話したら
「凄いとは思いますが、全っ然尊敬できません」」
と最大限の賛辞をもらいました。

なお、私が1ヶ月半通った平中央自動車学校は、アットホームな雰囲気で楽しかった、と宣伝しておきます。もっとも、18歳の頃に免許を取ったのに比べ、生徒としての私も多少経験を積んで余裕を持って車を運転できるようになっていたことも要因かもしれません。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

おめでとうございます!!

尊敬しますよ~

将来、数人の同志先生を集めて、
かけつけた現場で迅速に処置する
サービスで開業なさるのはいかがでしょうか(笑)
術後の搬送が二種に相当?

参考(なんか音でますので注意)
http://www.mod.go.jp/gsdf/equipment/index.html#/detail/7/7_0/

ありがとう

ちぇーん氏、有り難うございます。
そういや、民間救急車ってのがありますが、あれは二種なのでしょうか?

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

プロフィール

砧音月

著者・管理人:砧音月
東北の病院に就業中
2008年卒業

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。