スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

樹海④ 3月22日 田子の浦ゆ

朝起きて、宿で用意された朝食を食べながら、窓越しに富士山を眺める。朝食と言っても、おにぎり2つとサラダ程度のものだが。この日の富士山も、雲一つ無く澄み切っていた。職員から
「ずっと地元に住んでいると、富士山の素晴らしさを特に感じないけれど、他所の人にとってはやっぱり素晴らしいみたいですね。ある中年女性は、5回静岡を訪ねて、5回目にしてようやく富士山を見ることが出来たときは、その場にしゃがみこんだんですよ。」
と言われた。確かに、それだけの山だと思った。

その後、前日に夕闇の中尋ねた白糸の滝・音止の滝を再度訪ねた。手前にある駐車場は500円、奥にある駐車場は300円、隣の店で富士宮焼きそばを買えば、駐車場代は返却、というものだった。そこの主人が面白い人で、駐車場の名前は「あとのまつり駐車場」、500円の有料駐車場から、より滝の近くにある300円の駐車場へ到る道は、騙された観光客が苦笑いをするから「苦笑い坂」と命名したのだそうである。ただ、後日Webで検索してみると、滝から少し離れた場所には無料駐車場もあったらしい。まぁ、500円の駐車料金を支払ってしまった人も、私も、世の中には知らない方が幸せなことも多くある。

音止の滝は、源平の戦いの時に戦略を密談する源氏の武将が「滝の音がうるさくて密談が出来ない」と滝の音がやむように祈った所、滝の音が止み、無事に戦術を決め、戦に勝つことが出来た、という故事に由来する。そんな伝説も納得できそうな瀑音であった。
白糸の滝は、幾筋もの糸状の滝が注がれていた。滝が霧状に砕け、朝日の光で虹が出来ていた。もし昨日、明るいうちに滝に来ていたら、この虹も見られなかったと思ったら、昨日明るいうちに滝に辿り着けなかったのは逆に運が良かったのかもしれない。

再び富士宮市街に戻り、「富士山本宮浅間大社」を見た。日本の神社もそれなりの装飾が施されているが、中国の極彩色の寺とは異なり、朱色の鳥居も大分落ち着いた色になっている。神社の隣には「湧玉池」という富士山からの湧き水でできた、小さいけれど小さな池があった。

その後「田子の浦」に向かった。
小学校時代、百人一首大会のために百人一首を憶えた。
「田子の浦に うち出でてみれば 白妙の 富士の高嶺に 雪は降りつつ」
は百人一首の中でも早期に作られた歌であり、今でもソラで言える。(なお、こちらは平安時代に改編されたもの。改悪との評もあるが、音の流れとしては原作より詠いやすい)現代の私も富士山の美しさに感動したのだから、1300年前の人間も感動したのだろうな、と思う。カーナビの示した史跡に行ったら、工業団地の中に小さな石碑が建っていた。残念ながら、田子の浦にうち出でてみた頃には、富士には雲がかぶり、全貌は見られなくなっていた。

その後は延々と高速で帰宅。敢えて少し遠回りして、ETC専用出入り口の「富士川SA」から高速に入ったが、いきなり渋滞に巻き込まれウンザリした。しかし、渋滞となったのはその近辺だけで、それ以外は足柄SAくらいまでは比較的順調に走ることが出来た。しかし、東京に近づくにつれて、交通量も増えていき、しかも2箇所くらいで交通事故が起こったため数kmの渋滞に巻き込まれた。2日前の首都高速での渋滞に比べれば何ということは無いが、片側3車線もあって渋滞になる交通量には恐れ入った。また、渋滞で車が動かないと眠気に襲われるが、居眠り運転で交通事故でも起こした日には、この渋滞の中助けを呼ばなければならないのかと思うとゾッとした。
首都高速でもまたもや渋滞。電光掲示板を見たら、渋谷から都心まで高速で30分、下道で40分かかるのだそうだ。高速の意義って何?と思ってしまった。多分行きと同じ道を通ったと思うのだが、行きは夜だったため、同じなのかどうかすらよく分からない。首都高速は、渋滞すると20km/hくらいで走らなければならないのに、いざ車が途切れると、どの車も100km/hくらいで走り出す。ギャンブルみたいな道路だ。アクアラインを通るプランは、時間が足りず諦めた。

結局途中のPAで30分くらい寝ていたこともあって、いわきに着いたのは19時過ぎになってしまった。

走行距離:
3月20日 280km
3月21日 120km
3月22日 410km

渋滞には参ったけれど、ウォークマンを車内で流して、眠くなったら曲に合わせて歌っていたら、それほど苦もなく運転できた。多分私は、車の運転が好きなのだろう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

プロフィール

砧音月

著者・管理人:砧音月
東北の病院に就業中
2008年卒業

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。